Welcome to my blog

新たにブログを作り直しました。ジャンルはもちろんアダルトですが…結構マジメかも。時々ふざけるけどね笑

マネしてみた

そういえば最近エロいの撮ってないなぁ…と都度、思い出す 月光 です。

思ってはいても、ついハダカで過ごす穏やかな時間に身を投じてしまう。

で、撮るのを忘れてしまう・と 笑


加齢のせいではないことを切に願うな。


でも。

エロくないのは撮っていたりします。


ネットや各SNSなどで

 「お!いいな、コレ」

とか

 「面白い撮り方だな!」

なんてのを見かけると早速 うさぎ を道連れにして挑戦♫


今回はこんなの。

2021042311001198d.jpeg

“お手本”はスマホの中も被写体も同じ衣装・同じポーズだったけどね!

やっぱりほんの少しはエロも取り入れたかったし 笑


オッパイは必須♫


でもコレ、簡単そうに見えても なかなか思い通りにいかない…

随分と時間を使って、何度も撮り直してもこの程度 笑


ちょっとイメージしたのと違うけど、まぁこんなもんかな…


面白みに欠けるからスマホの中の画像だけカラーにしてみた!!


コレを うさぎ に見せたらなんて言うかな〜なんて思いながら編集しています。


また面白そうなのがあったらマネしてみよーっと♫


スポンサーサイト
[PR]

目覚める♂

基本、セックスは最後の瞬間まで うさぎ の中にいたい 月光 です。


以前に自分の精液を久し振りに見たって記事を書きましたが、今回も再会を果たしました 笑


うさぎ がメンテ中でも 最近はホテルに行きゴロゴロして過ごすようになった僕ら。

彼女との時間はセックスだけではなくなったんだな!


ホットプレートで何か作って食べたり。

映画を観たり。


でも…

時々は自分の中の『オス♂』が目覚めてしまうことが 笑

ふと うさぎ のカラダに手が触れてしまった時とか、オッパイ丸出しで部屋の中をウロつく姿を見てしまった時ね!

衝動が抑えられんわ〜っ!!


というコトで。


僕の触れ方の変化に、そんな様子を見事に嗅ぎ分ける うさぎ。

ナニも言わなくてもフェラチオしてくれる♫


この日はいつもとちょっと違いました。

彼女ではなく 僕の方がね。

うさぎ のカラダに精液をかけたくなった 笑


フェラチオする彼女と体を入れ替えて馬乗りになる僕。

エロいカラダを見下ろしながら。

オッパイを強く揉みながら。

自ら扱く。


少し戸惑った表情の うさぎ が余計に“凌辱感”を加速させるね♫


興奮が最高潮に達して、そのまま彼女のカラダへ…

20210412174104c87.jpeg

実はね。

こんな風にしてみたかったんだ!


別にこういう性癖があるワケじゃないけどさ。


興奮して出る先走り汁とか精液って、女性側にとって ちょっとイヤなモノだと思っていた僕。

AVの中の誇張された世界は現実にはそうそうあるもんじゃないんだろうなぁってね。


でも うさぎ はソレすら「愛おしい」と言ってくれる。


ただ、初めての時は僕の『先走り汁』の多さにビックリ!?したらしいけど 笑


そんな彼女に甘えて、ついやってみたくなってしまったんだな。

時々 僕の精液にまみれたカラダが見たくなる…


ん?

まみれた…ってほどの量じゃないか 笑


服用を続けているサプリの効果、あるのか??


少しは”増量“したような気もするけど…


韓流なオヤツ

0 Comments
月光&うさぎ
今頃になって韓流ブームの 月光 です。

韓国映画を観るようになって、そこに登場する食べ物が気になるんだよね 笑


今回はコレ↓『ホットック』です!

20210419090023c82.jpeg

元々、うさぎ がどこかで買ってきてくれたのが最初なんだけどね。

初めて食べて、すごく美味しかったから また食べたかったのさ♫


まさかこんな自分で作れるモノがあるとは…

早速ホットプレートの出番ですな 笑

20210419090026cf1.jpeg

まずはハダカになって粉を決められた分量の水で溶いてコネます。

この粉、餅米の粉末なんだって!

だから混ぜるのがちょっと大変だった 汗


チカラが入って、つい うさぎ の股が開いてしまうほど…笑

20210419090027e47.jpeg

全体的に混ぜたらこんな感じ。

うさぎ のオッパイより硬めになるのが目安です。

説明にそんなコトは書いてありません。

202104190900299ca.jpeg

そして ハダカになった僕が5等分に分けてカタチを丸く整えてからツブして広げます。

今回、殆どの工程を僕が担当してるのさ♫

2021041909001713e.jpeg

付属の“秘密の粉”を…

黒糖とシナモンね 笑

20210419090018cb9.jpeg

包み込むように 再び丸めて。


「アンパンを作るように…」って説明文があったけど…

アンパン作ったことがある人ってどれくらいいるんだ?

20210419090020e7d.jpeg

この日のオヤツに うさぎ が持ってきてくれた“大玉チョコボール”も入れてみよう!!

20210419090022ffe.jpeg

ホットプレートへオン!

その後の工程をハダカで確認 ♫


手に持ってる箱の位置が遠い???


それは…そういうお年頃なので 笑

20210419090030355.jpeg

頃合いを見て裏側も。

いいコゲ目だ♫


で、ココでギュ〜っと押さえて 程よく平らに。

2021041909003224d.jpeg

出来上がった『ホットック』を紙で包んでみたら、実にソレっぽいね!

2021041909003366f.jpeg

猫舌の うさぎ のために、食べやすく半分にカット!

この方が同じモノを食べられるからいいよね。


いやぁ、今回も大成功だ♫

いいオッパイだった!

あ…美味かった!!


ちょっと“秘密の粉”を入れすぎて甘かったけど 笑

チョコボールの方も案外合うな!って思いました。


 「次はハムとかチーズを包んで食べてもいいかもね!?」


なんて満腹のお腹をさすりながら次回の構想を練ったり。



途中、うさぎ は夢中で作っている僕を見ながら、


  「ホットックおじさんだなっ!」


って、ずーっと笑ってました。


なんだい、ホットックおじさんて…


今年もきたわね…

4 Comments
月光&うさぎ

4月。
とうとう来てしまった…
(T_T)
また、ひとつ歳をとってしまった。
月光に出会った頃は、まだギリギリ アラフォーだった。
気持ちは、30代なんだけどね。

で。

月光からのプレゼントは…
 コレ ↓↓↓
20210417164837c39.jpeg
可愛いでしょ?
キラキラしてユラユラして可愛いのだ♡
しかもね、私は穴をあけてないのでイヤリングなんだけど、最近はノンホールピアスなるものがあり金具がシリコンでできていて痛くない!
見た目ピアスに見えるしね。
さすが月光よく見てる 笑笑
ちゃんと、同じノンホールピアスを探してくれて…
それに…
前にホテルで排水口に、私が片方落としてしまったのが気になっててプレゼントしてくれたのだ。
いくつになっても、アクセサリーのプレゼントは嬉しいものだ。

「すんごく、嬉しかった〜!」
「〇〇くん、ありがとう〜!」  


で、月光のブログの「今更…」ってやつね。
なぜ?
今更、名前って。
私達は、お互いを「キミ」という名称で呼んでるんだけど、普段会話は「キミ」で済むんだけど 彼を呼ぶって場面では「キミ」ってのは不便だと前々から思ってたんだよね。
だから、ちょうどいい節目だなぁと思い名前を呼ぶことにしたのだ…
これが、なかなかと難しいんだよね。
ついついクセで「キミ」と呼んでしまうんだなぁ(^_^;)

それにね…
超おばぁちゃんになった時、彼を想いながら彼の名前を思い出したい…
後、何回 彼の名前を呼ぶことができるんだろう…
もっと、早くからそうすればよかったなぁ…

今度、外でデッカい声で呼んでやろー‼︎
笑笑

今更…

いつもと同じように待ち合わせ、そしていつもと同じホテルへ。

抱き合い、映画を観ながらたわいのない会話で笑う。

一緒に熱めの湯に浸かってリラックスする。



…そろそろ時間だね

名残惜しいけどしょうがない…



帰り道にコンビニでコーヒーを買い、車の中で暫く話し込む。

 「今日も楽しかった」

彼女に今日1日の感謝の気持ちを込めて伝えようとした時だった。



うさぎ から突然の告白…

まさしく晴天の霹靂。



彼女が“ある事”を決めたと、思い詰めた表情で僕に言う。


気付かぬうちに彼女を傷つけるようなことをしてしまったのか?


そう思い、その日の出来事を事細かに思い出してみるが心当たりがない。

彼女にも特別な変化があったようには感じられない。

いつもの笑顔

いつもの口調

いつものカラダ

そしてセックスでの彼女の反応もいつも通りだった。



僕は恐る恐る「なに?」と聞くが、それでも平静を装うのが精一杯だ。



 「うー…んとね…」


 「やっぱり今日はやめておく…」


 「次に会った時に話すよ」


 「本当は今日、君に会ったら言うつもりだったんだ…」



鼓動が早くなる。

心臓を吐き出してしまいそうだ…

意を決して再び「なんだよ、気になるよ」と聞き返すと、重い口を開いた。



 「うん、そうだよね…」


 「あのね…」



ついに彼女が話し始める。

僕の背中を冷たい汗が流れていった。




 「これからキミのことを○○(僕の名前)くんって呼ぶね♫」




なんだそりゃ

今更?

笑っちゃったよ


でも…

正直、なんだか嬉しかったよ 笑